代理店の開業にはハイレベルな試験がある!学歴は関係あるの!?

代理店を開業するには大卒が有利です。

保険会社の代理店を開業するには、代理店になろうとしている保険会社の試験に合格する必要があります。しかし、保険会社の試験は非常にハードルが高い試験になるために大卒者が有利になるでしょう。生命保険の代理店になるための試験の中には社会保険の試験もありますが、試験の内容は全ての保険会社共通の問題が出題されます。代理店へと登録しても約1ヶ月の実務指導を受ける必要があるために誰でも直ぐに代理店を開業できる職業ではありません。

試験を繰り返すことで代理店としての格が上がります。

代理店として無事に登録できても更に試験があり、100点満点で70点以上で合格になります。合格後には研修を2日間行いますが、研修が終了してもまた、試験があります。この試験も70点以上で合格になりますが、この試験に合格すると称号が与えられます。しかし、更なる称号を手にする場合には次の試験に合格することが条件になります。最終的には大学課程の試験がありますが、大学課程の試験は100点満点で60点以上で合格になります。しかし、大学課程の試験なので非常に難しく大卒者じゃないと合格することが難しい試験です。

代理店は保険会社の看板を背負うことになります。

代理店として登録するためには、レベルの高いカリキュラムを全てクリアすることで登録が可能になります。保険会社側も代理店は保険会社の顔になるために、代理店にする店舗を慎重に選択するでしょう。募集資格には学歴は一切関係ありませんが、試験の問題から大卒者が非常に多くなっています。代理店として活動するということは保険会社の看板を背負うことになるためにいい加減な気持ちでは代理店として登録することは不可能でしょう。

代理店の募集をしたいと考えているならば、インターネットで代理店募集をしているサイトがあるので、参照すると良いでしょう。