自営業で失敗しないコツについて!その三つの要素

取引先を増やすことです

自営業というのは、とにかく一つの取引先に依存してしまっていることが多いです。これは仕事のリソースが自分しかないことが多いからです。つまりは、複数の取引先を持っていたほうが良い、ということです。しかし、それが出来れば苦労はない、という仕事も多いでしょう。それでもどうにかバランスの良い売上にしたほうがよいです。そうすれば、もし何か問題があって、一つの取引先がなくなっても、極端に困ることはなくなるのでリスク的に良いです。

スキルは常に磨いておくこと

自営業、つまりは独立しようとしている時には、その仕事のスキルにおいて、少なからず自信があるでしょう。その段階では業界でもトップクラスの実力があるとしても、どんどんスキルは劣化していきます。日々の仕事にかまけてスキルの更なる研鑽を怠ると後々、非常に問題になることがあります。IT関係などでは数年でスキルが陳腐化してしまうことすらあります。そうならないように自営業者と言うのはサラリーマン以上のスキルの研鑽が必要になります。

確定申告が一つの鬼門になります

自営業者は確定申告を自分ですることになります。サラリーマンでもやっている人はいるでしょうが、そこまで難しいことではないです。自営業者は経費の計上などをすることになりますから、帳簿をつける必要があります。これが実は自営業者の鬼門の一つになっています。技術がしっかりとある人でも会計に関する知識は皆無、ということが多いからです。さすがにこれは勉強するしかないです。或いは税理士を雇い、任せてしまう手もあります。

フランチャイズとは、一つの企業やブランドのイメージで多数の営業を行い、これに対して対価を支払うことによって成り立っています。